クラウドの情報が満載!

このサイトはクラウドストレージの利用方法について解説しています。
個人で利用する場合と法人で利用する場合の違いや、様々なパソコンからアクセスする場合のメリットと注意点のほか、複数の作業者で作業を行う場合の使い方等についての説明も行っているサイトです。
加えて、無料サービスの安全性と有償サービスの安全性に関しても説明を行っており、ストレージを実際に利用する場合に注意しなければならない、と参考になる情報を掲載しています。

クラウドストレージの法人と個人における違い

クラウドストレージの法人と個人における違い クラウドストレージはネットワークを介して簡単に利用することができる外部記憶として法人から個人まで広く利用されています。
個人では自分のパソコンで編集したデータを出先で異なる環境で修正したり、仲間などでデータを受け渡しする際に非常に便利なものとなっているのです。
そのため、異なる場所にいる仲間と協力して作業を行う場合にも適しています。
しかしクラウドストレージを選ぶ際にはセキュリティ面に充分に注意をする必要があります。
特に無料のクラウドストレージの場合にはパスワードのみで管理されているものも多く、万が一このパスワードが盗まれてしまうと誰でも簡単にデータを閲覧したり変更することが出来るようになってしまう可能性があるのです。
そのセキュリティの違いを十分に認識し利用することが必要で、法人の場合は有償のものがおすすめです。

クラウドストレージは法人と個人向けが利用できるので違いを把握しておこう

クラウドストレージは法人と個人向けが利用できるので違いを把握しておこう これからクラウドストレージを使うときには自分に適したものを選択するのがおすすめです。
大きく分けると個人向けと法人向けが用意されているので理解しておきましょう。
個人向けは個人的に使うことを目的として作られているもので無料で使えるものから有料の低価格プランがあります。
基本的に安価な金額で利用できるサービスが多く気軽に使いたいときに重宝するのがメリットです。
写真といったカジュアルなファイルを保存しておくときに利用できるのがメリットと言えます。
ただセキュリティ部分は法人と比べると劣るので重要なファイルを保存しておくのはちょっと危険です。
セキュリティを重視するのなら法人向けのサービスがいいでしょう。
こちらはパスワードやIDでの管理ができるのですが、それだけでなく特定のIPアドレスのみアクセスできるファイルを設定できます。
これによりプロジェクトメンバーのみアクセスしてデータを閲覧できるように工夫を行えるのが強みです。
他にもクラウドストレージアプリをインストールしたガジェットをなくしたときに管理画面からアカウント利用を停止できるため、データ漏洩を回避できる機能も持っています。
うまく使って安全にデータを扱いましょう。

クラウドストレージに関する情報リンク

法人向けのクラウドストレージを探す